FC2ブログ
2018.10.4
ポンクワウンナイ川~小化雲岳



道内はどこも快晴予報のため、沢納めの場所を考えていたけど、
単独でも大丈夫そうなポンクワに決定。

6時半に駐車帯を出発。気温は低いけど凍えるほどではない。
林道を10分くらい歩いて、砂防越えてから入渓。
F1まではだらだらのゴーロ帯。

F1は2段になっていて、1段目は左岸から簡単に上がれる。
181004_10.jpg


2段目は右岸に残置シュリンゲが2本あるがボロボロすぎて信用ならないので、
シュリンゲを掛けなおしアブミにして登る。
手のかかりが結構悪くてグダグダやっているうちに疲れて感覚がなくなってきたので、
強引に体を持ち上げ、そこからはトラバース気味に左上しながら登る。
181004_11.jpg


右岸に残置シュリンゲあるが使わずに滝の中央地点まで楽に行ける。
水流を渡るのが濡れたくなくて躊躇していたけど、
気合いを入れて水流またいで中央の苔の岩から上に上がる。
181004_12.jpg


そしてメインの滝。
手前の右岸の灌木帯からが楽ちん。
木につかまりながらよじ登り、懸垂なしで30分で沢に戻れる。
181004_13.jpg


ハングしているけど右岸から余裕で上がれる。
181004_14.jpg


途中ですだれ滝に癒されながら。
181004_15.jpg


ポコポコ出てくる滝はそれほど難しくなく、
この滝は左岸から階段状になっている。
181004_16.jpg


上から。
ミルフィーユのような階層の岩がきれい。
181004_17.jpg


苔の絨毯のような癒しの区間。
181004_18.jpg


最後のアトラクション。門の滝。
左岸から楽に行ける。
181004_19.jpg


源頭の雰囲気になってきた。
何だかんだと疲れた。。
181004_20.jpg


ポンクワウンナイ川の最初の一滴。
伏流していた。
181004_21.jpg


小化雲岳までは藪こぎなしで快適な詰め。
181004_22.jpg


小化雲岳からトムラウシ。
天気がいいけど風が冷たい。。
181004_23.jpg


カウン沢の源頭。
ここから下って、クワウンナイからまた上がるのもやってみたいなぁ。
181004_24.jpg


帰りは長ったるい天人峡までのドロ道。
第一公園から旭岳。薄っすらと雪化粧。
181004_25.jpg


登山口にデポしておいた自転車ですいーっと駐車場まで。
181004_26.jpg


登り6時間半、下り2時間半。
最後の三十三曲がりは本当に33回だった(数えるのめんどくさい。。)
疲れたけど天気に恵まれて良い沢納めとなりました。

山と天気に感謝。


さて、そろそろ冬の準備もしようかな。



スポンサーサイト
いままで興味がなかったわけではないけど、
どうしてか手を出さなかった釣り。

シンプルなテンカラ釣りから始めることにしました。
形から入るタイプなので、とりあえずシマノのよさげな竿をゲット。

趣味が増えるのは嬉しいけど、いろいろな趣味の時間のやりくりをするのが大変(苦笑)

十勝は釣り天国らしいので、とりあえず近場でウロウロしてみようと思います。


180918_4.jpg

180918_3.jpg

180918_1.jpg

180918_2.jpg



2018.09.17 辺別川
2018.9.17
辺別川


1泊するまでもないかなぁということで日帰りで。
この川は三川台の西側の斜面が源で、1774と1675(兜岩)の間からが集水域となっている。
marさんと美瑛道の駅で待ち合わせて俵真布から出発。

林道ゲートから6時過ぎ出発。
1時間ほど歩いてから入渓。



白い岩盤と透明度の高い綺麗な渓相。
180917_1.jpg


エメラルドグリーンに癒される。
180917_4.jpg


しばらく行くとCo980でF1。
2段の滝になっていて2段目を見ると諦めがつく。右岸より巻く。
180917_7.jpg


Co1120の滝は左岸ルンゼに取り付けば巻くよりも相当時間短縮できそう。
ということで、滝の裏を通って全身ずぶ濡れになりながら左岸に取り付けた。
180917_2.jpg


180917_3.jpg


180917_6.jpg


兜岩が見えてきて源頭の雰囲気となる。
結構バテ気味。。
180917_9.jpg


うっとうしい両側からの木や笹をかき分けて源頭へ。
辺別川の最初の一滴。
素晴らしく旨い。
180917_5.jpg


硫黄沼を左手に見ながら、扇沼山まで快適な登山道を歩く。
180917_8.jpg


ここから車までが異常に長く感じ、
尋常じゃない数の蚊に付きまとわれながら黙々と歩いた。
結局30km近く、11時間ほどの行程だった。


山と自然と天気に感謝の1日。



2018.8.18-19

千代志別川右股沢~浜益御殿


OMTさんに誘われて、未知の地へ。
超久しぶりのKOZさんも来れるということで浜益温泉に集合。

1日目は釣りをしながら二股まで。
刺身を食いたいというKOZさんのリクエストに応えてOMTさんが二股手前で大物ゲット。

テンカラを初めてまともにやってみたけど、
駆け引きというか、タイミングを合わせるのが難しく面白い。
ちゃんと自分の竿を買おうと決意。

180818_3.jpg

180818_2.jpg

180818_1.jpg


二股手前の滝
直登できそうだったけど滝下まで行ってから左岸の沢形沿いに小巻き。
180818_4.jpg


のんびりのんびり歩いて二股到着。
こういうのゆったりした沢登りもいいなぁ。

焚き火班と調理班に分かれて夕食の準備。
大雨!?の影響か、流木はほとんど流されてしまっているようで、
薪集めに苦労した。。

刺身とムニエル・・・旨かった。
180818_7.jpg

180818_8.jpg


3人でいろいろ話していたが、酔いもまわっていたので早めに就寝。


翌朝は適当に起きて、どのくらい時間がかかるかわからないので7時過ぎに出発。
荷物が軽くて楽ちん。


程よい小滝がポコポコと現れて楽しい。
どれも直登可能。
180818_5.jpg

180818_6.jpg

180818_9.jpg

180818_10.jpg



三股はなかなか見ごたえのある景観。
本流は真ん中だけど、ハングしているので直登は難しく、奥の左股に入ってから尾根乗越し。
まとめて2つとも巻いた。
180818_11.jpg


この先はゆるやかな地形で何もなし。
最後の藪は太い根曲がりで、ガシガシかき分けピークに直で出られる。


千代志別川の最初の一滴。
180818_12.jpg


ピークは真っ白で展望なしなので、速攻で下山開始。
懸垂は3か所くらいだったかな(クライムダウンもできるけど念のため)。

二股でテントなど撤収し、あとはもくもくと下りるのみ。
長く感じたなぁ。。


何とか17時前には下山。

1日目はのんびり釣りして楽しいなぁって感じだったけど、
2日目は意外とがっつり系だった(苦笑)。


2人と楽しい時間を過ごせたことに感謝。



2018.08.28 トムラウシ山
2018.8.12-13
トムラウシ山


K2での弟の死から3週間。
仙台やパキスタンに行っていろいろな手続きなどでバタバタしていた。
自分自身の心の整理をできるのは山しかないかなぁってことで・・・
どうしてこの山をチョイスしたのかは自分でもわからないけど、
とにかく山の中に身を置きたかった。

沢から行こうと思ったけど、林道通行止めだし、
短縮でもいいかなってことで、遅めの10時半にスタート。

道は整備されていてスタスタと歩けました。
おかげで3時間かからずに南沼へ。
激混みの中、スペース作ってとりあえずテント設営。
その後はピークに行ったり、南沼で夕陽を見たりとのんびり過ごした。

それにしても人が多く40張はあったんじゃないだろうか。
やっぱり沢からこればよかったと反省しながら、
それでも山で1人で過ごす時間は、
いまの自分には必要な時間だった。


180812_1.jpg


180812_2.jpg


180812_3.jpg



2018.08.28 剣山
剣山

5月から7月にかけて剣山には6回も登った。
いずれもトレランだったけど、6/26にようやく目標の1時間を切ることができた。

何だかんだと3年がかりになってしまったけど、
目標を達成することができてホッとした。

剣山は登るごとにいつも違う表情を見せてくれる。
特に早朝と日没前がおススメ。

暗いと地蔵が怖いけど見て見ぬふりが大切(笑)


180527_1.jpg


180527_2.jpg


180708_1.jpg


180626_1.jpg


トレーニングにはもってこいの距離と急登。
そして家から登山口まで車で15分というアクセスの良さ。

次の目標は剣を抜くことかな(笑)



2018.08.28 白雲岳
2018.5.21
白雲岳


どこに行こうか悩んだ末に・・・
幻の湖を見に白雲岳へ。

高原温泉から7時前くらいにスタートしたけど、
涼しくて雪も締まってて歩きやすかったので、
9時前には白雲避難小屋についてしまった。


9時半に幻の湖に到着。
何だか・・・凍ってる!?(苦笑)

180521_1.jpg


リモート自撮り。
180521_2.jpg

13時過ぎには下山してしまった。

もっと山でのんびりすればよかったなぁと思いながら温泉にも入らずに帰宅した。

今シーズンはもう少し行きたかったけど、
結局この日が滑り収めとなった。


来シーズンも安全に雪遊びができますように。



2018.08.28 十勝岳
2018.5.14
十勝岳

新しいビンディングテストのため、十勝岳へ。
快晴で気持ち良い。

ピークからスリバチ火口までは火山灰の混じった汚い雪だったけど、
スリバチ火口から避難小屋まではよく走るザラメ。

スピードに耐えられず吹っ飛びそうでした(笑)

新しいビンディングもなかなかいい感じ。

180514_1.jpg



気が付くと9月も間近・・・
何だかんだと4か月もほったらかしにしてしまった。。。

この4か月もいろいろあったけど、
とりあえず山の記録は適当に載せておく。


人生にはいろいろあるけど、
今日も生きるために生きよう。




とりあえず、ババっと駆け足で更新します(苦笑)



2018.04.29 芦別岳
2018.4.29
芦別岳


最初の1時間は夏道だった。。
以降は雪がつながっていたけどスキー担いでアイゼンで半面山まで。

暑さにやられながら4時間半でピークへ。
今日もPM何とかで遠くは霞んでいた。
スキーはビンディングが壊れて取り寄せ中のためこちらの板で。
180429_2.jpg


無名峰だけど来シーズンはタイミング合わせて行ってみたいと思っている。
180429_3.jpg


こちらも遠いけど行ってみたい連なり。
180429_4.jpg


今日はこの山の調査のために来たようなもの。
前から滑ってみたいと思っているけど下がつながっているのか斜面の下に行かないと見えない位置にある。
180429_1.jpg


とりあえずピークから気持ちの良い斜面。
斜度がなくて雪も緩んで気持ちが良い。
180429_5.jpg


ここまで下りるのは初めてだったけど緩くてダラダラ。
ピークからの帰り道としては登り返しがほとんどないのでいいかも。
180429_6.jpg


下まで行ってみたけど…微妙だった。。
もう少し早い時期にもう1度下まで行ってみて確認しないと滑るのは怖い。。
180429_7.jpg


鉛筆で描いたアート作品のよう。
180429_8.jpg



見晴台で1人に会ったけど、それ以降は誰にも会わない貸し切りの日だった。
GWだからもっと混んでるかと思ったけど静かでよかった。


山と天気に感謝の1日。