backcountry'10~'11 シーズン総括

<BACKCOUNTRY&PISTE>

101205 MTK_BC
101211 ASD_BC
101218 SDY_BC
101219 ASD_BC
101226 kiroro
101230 MTK_BC

110102 ASD_BC
110103 Furano
110104 Furano
110108 SDY_BC
110109 FRD_BC
110110 Kamui
110115 Pippu
110116 Furano
110123 SPZ_BC
110129 Furano
110130 TNY_BC
110205 Teine
110211 KKT_BC
110212 SDY_BC
110213 SDY_BC
110219 SDY_BC
110220 ASD_BC
110306 YID_BC
110318 OEY_BC
110320 MTK_BC
110321 SDY_BC
110403 ASD_BC
110409 SDY_BC
110410 FRD_BC
110429 ASD_BC
110430 ASD_BC
110516 カムイミンタラ_BC(KRD、HCD、RUD)
110529 MTK_BC
110612 MTK_BC


<DATA>
 ★ Views     35(BC : 27、PISTE : 8)
 ★ Type      SKI : 27、SNOWBOARD : 8
 ★ Mountain   ASD : 7、SDY : 7、MTK : 5、FRD : 2、other・・・
 ★ New spot   TNY、OEY、KKT、other slope・・・


今年はシーズンインから雪が少なく、
週末になると天気が崩れるというシーズンだったが、
なかなか雪が解けず、結局例年通りまで滑れた。

すっかり道北の山ばかりになり、ニセコ近辺はゼロ。
まぁこっちにいるとあまり行かなくてもいいような気がする。

個人的には何よりもskiにすっかりはまってしまい、ほとんどのBCはskiとなった(驚)
またskiの練習のために例年になくスキー場に8回も行った(苦笑)
・・・練習は必要。。

新規開拓の山はそれほど多くなかったが、
普段行っている山でも新たな斜面の発見があり、
なかなかにスリリングで面白かった。

まともなスキーは高校のスキー授業以来で約15年ぶりくらいだから、
それを考えればよく頑張ったほうだと自己満足(笑)
負けず嫌いに火がついて、もっともっと上手くなりたいと強く思ったシーズンだった。

怪我も事故もなく、そして何よりも新たな出会いもあり・・・
山と仲間と天気に感謝。


ご一緒していただいた皆さん、
本当にありがとうございましたm(__)m

来シーズンもよろしくお願いします。





最後は動画特集・・・












スポンサーサイト
2011.06.11 前十勝_5
<location> 前十勝
<Distance> 白銀荘(10:15) → 2本 → 白銀荘(14:15)
<Weather> 天気/曇りのち晴れのち小雨
         風速/1-3m
         気温/20℃(10:15)
         雪質/ザラメ
<Member> solo(ski)
<Action time> 4時間


本当はテント担いで滑り納め2daysの予定だったけど、
夕方から気圧が不安定になるとのことだったので前十勝の日帰りにした。
雷がね。。

カミフは日中は晴れ予報。

白銀荘は外壁!?工事中(営業はしてる)

kazさんも登ってるのかなぁと思いながら、
雪が緩むのを狙ってちょっと遅めの出発。


さすがにこの2週間でかなり融けていた。
トレッキングシューズで正解。

最初はどんよりしてたけど・・・
110611_1.jpg

徐々に晴れ間が出てきてテンションアップ。
汗だく・・・あと一息。
枯れ木がちょっと怖い。。
110611_2.jpg

1本目・・・ナイスザラメ。
ボトムまでほぼノンストップ・・・足プルプル。
110611_3.jpg

2本目・・・さらにナイスザラメ。
ボトムまでノンストップ・・・さらに足プルプル(笑)
110611_4.jpg

辛い登りもこの雲や景色に救われた。
ラピュタが現れるんじゃないかと期待したけどさすがに出てこなかった(苦笑)
110611_5.jpg

滑り終えて歩いていたら雷が鳴りはじめ・・・さらに小雨も。

ちょうどいいタイミングで下山できた。
(その後、家に着くとスコールだった。。)


駐車場でkazさんパーティーと遭遇。
千春沢を滑っていたとのことで、山では会えなかったけど遭遇率高し(笑)
来シーズンよろしくお願いしますm(__)m


今日で滑り納めにしようか、それとも明日も行こうか悩みながら、
しっかりとパッキングして行く気満々の自分(苦笑)


今月は今週しか山に行けないから・・・
行けるときはお山に行こう。


2011.05.29 前十勝_4
<location> 前十勝
<Distance> 白銀荘(9:15) → MTK(2本) → 白銀荘(14:00)
<Weather> 天気/曇りのち晴
         風速/10-15m
         雪質/ザラメ
<Member> HJO、OKJ、nabe(ski)
<Action time> 4時間45分


初BCのOKJを迎えて。
(OKJとは高校の同級生)

天気の回復を期待して白銀荘へ・・・
坂を登るほど青空。

バーデンからFRD
110529_1.jpg

SDYかMTKかの選択肢だったけど、視界も回復しそうなのでMTKへ。

最初は暑かった。。
まもなく6月だし(笑)
110529_2.jpg

富良野川の渡渉はかなり危険(汗)

渡渉をクリアできればあとは上まで雪がつながっていた。

風が強く時折あおられながらもなんとか最終地点まで。

霧雨のような感じだけど視界はよかった。

2本滑って満足・・・というか疲れた。。




rider : HJO

110529_HJO_1.jpg

        110529_HJO_2.jpg

        110529_HJO_3.jpg

110529_HJO_4.jpg



rider : OKJ

110529_OKJ_1.jpg

        110529_OKJ_2.jpg

        110529_OKJ_3.jpg

110529_OKJ_4.jpg




やはり下界は夏。
渡渉では1名水没(笑)

初BCのOKJも楽しめたみたいで良かった。
というか上手かった(嫉妬)


MTKならまだもう少し楽しめそうだけど・・・終了するか悩み中。
「もう1回くらい来いよ」と言ってるような・・・言ってないか(苦笑)

山と天気と仲間に感謝の1日・・・


110529_3.jpg


2011.5.15(SUN)
<location> 北鎮岳~凌雲岳~黒岳
<Distance> ロープウェイ(7:00) → KRD → HCD → RUD → KRD → ロープウェイ(16:20)
<Weather> 天気/曇りのち快晴
         風速/1-3m(ピークは5-10m)
         気温/0℃(7:00)
         雪質/ウインドパック~ザラメ
<Member> OMT、nabe(ski)
<Action time> 9時間20分



天気の良くなかった週末が続いていたので久しぶりのお山。
天気予報をみながら、黒岳をチョイス。
「雪のち晴れ」・・・期待に胸をふくらませ、
OMTさんと朝イチのロープウェイに乗車・・・貸切だった。

始発が動いたのは久しぶりとのこと(乗客がいないと動かないと教えてくれた)
かわいいスタッフから「晴れるといいですね」と嬉しいお言葉(嬉)


リフトは切り替え工事中のため、ここから歩く。
リフトがずらっと並んでいた・・・この時期限定の1枚。
110515_18.jpg

ガスってはいるけど濃くないので「もしかしたらピークに行ったら雲の上なんじゃない」
なんて言いながらハイクを続けるが・・・自分のペースが遅く、何度も休憩させてもらった(苦笑)
110515_1.jpg

実は今シーズン初の黒岳。
石室に向かって歩いていると・・・
「神々の遊ぶ庭」・・・まさに神降臨。
次第に薄いガスの中から現れる山々に何度も何度も足を止めながらうっとり。

左に鳥帽子岳、右に白雲岳
110515_2.jpg

手前から桂月岳、凌雲岳、北鎮岳
110515_3.jpg

石室でしばらくまったり。
まだまだ雪で覆われている石室の屋根の向こうには一面の雲海。
110515_4.jpg

まずは北鎮岳目指して・・・
広大な白い斜面を目指すが距離感なし。
110515_5.jpg


どこかの惑星にでも来たかのような錯覚・・・
惑星に行ったことはもちろんないけど(笑)

静寂の白い世界に酔いしれた・・・。

しかし歩けど歩けど道のりは遠く・・・結局ピークには12:00着。


この標識なんとか見えるように頑張ったんだけど・・・
「鎮」がとんがってるのはギャグでしょ!?
「鎮」のとんがりに1人で萌えてた(苦笑)
110515_6.jpg


ここからの景色がさらに絶景。見渡せば360度の大パノラマ


安足間岳~永山岳~愛別岳
110515_10.jpg

手前から凌雲岳、桂月岳、黒岳・・・
さすがに北海道第2の標高、黒岳が低く見える。
110515_9.jpg

えびちゃん
110515_7.jpg

ナイスガイ
110515_8.jpg


しばらく写真撮影に没頭していたが、結構な冷たい風で凍傷になりそう(笑)
ずっと景色をみていたい気持ちを抑えて大斜面を滑る。

雪はウインドパックだけど柔らかくてよく走る雪。
この時期にしてこの滑らかな雪を滑れるのだから文句なし。


凌雲岳の麓で絶景見ながらのまったりランチ。
割り箸が折れててラーメン食べるのが大変だった・・・(笑)


凌雲岳の登り・・・結構な斜度で下見たら落ちて吸い込まれそう。。
110515_11.jpg


凌雲岳からの景色もやっぱり最高。
冬限定だから1年に1回かな。


来年の獲物。
もっと上手くなってから(苦笑)
110515_12.jpg

上川岳もすぐそこ。
点発生の雪崩がいたるところに・・・いかなくて正解。。
110515_13.jpg

お鉢もここからだと画面に納まる。
110515_14.jpg

この凌雲岳の斜面は斜度もほどよく、雪質もザラメで気持ちよかった。
110515_15.jpg

黒岳への登りは2人とも言葉も出ず・・・
ただただ歩き疲れた。。

マネキ岩横を滑りつつ登り返したくないので、適当なところからトラバース。

16:20のロープウェイで無事下山。


誰にも会わず、黒岳ピークにすら誰も来ていなかった様子。

静かで穏やかなカムイミンタラで2人だけ・・・
3山・・・遊び倒した1日だった。


山と天気と雪と景色、そしてOMTさんに感謝の1日。

今日は「もってる」2人だった。




rider : OMT

110515_OMT_1.jpg

110515_OMT_2.jpg

110515_OMT_3.jpg

110515_OMT_4.jpg





帰り道・・・
          110515_16.jpg

110515_17.jpg


最後まで最高の1日だった。


2011.04.30 旭岳_7
<location> 旭岳
<Distance> (8:45) → (13:45)
<Weather> 天気/概ね晴れ
         風速/15-30m
<Member> solo(ski)
<Action time> 5時間



3時から1時間おきに天気チェック。。

真っ白けで、視界ゼロ。。しかも強風。

諦めモードで8時過ぎに起きたらまさかの快晴。
テンションあがる。
110430_1.jpg

スキーも一晩でこんな感じに。
ちょっと気持ち悪い(苦笑)
110430_2.jpg

急いで準備して出発。
はじめはよかったけど、8合目過ぎからは歩くのも困難なくらいの強風。。
ピークはすぐ目の前だったけど、心が折れた(苦笑)

鳥の羽みたいなモンスターたち。。
やっぱり風が作り出す模様は芸術的だけど・・・気持ち悪い。。
110430_3.jpg

モンスターの陰に隠れて天気待ち。
ここから噴火口に向かって。
30分待った甲斐があって一瞬晴れた。
110430_4.jpg

あまり期待していなかったけど雪は気持ちいいパウダー。
噴火口まで一気に・・・とはいかず、休みながら(苦笑)

噴火口を間近でみると、地球が生きているのを感じた。
この時期限定。
110430_5.jpg

テントを撤収して下山。
110430_6.jpg

下界は穏やかで、雪もべちゃべちゃ。
コースが1番きつかった。。


下山するとロープウェイは運休。
黒岳も運休していたみたい。
どこに行っても同じだったんだなと諦めがついた。


今回は狙っていた斜面に行けなかったので、次回リベンジ。


山と天気と厳しい大自然に感謝の2日間だった。


2011.04.29 旭岳_6
<location> 旭岳
<Distance> (15:20) → (18:00)
<Weather> 天気/曇りのちちょこっと晴れ
         風速/10-15m
<Member> solo(ski)
<Action time> 2時間40分


なんだかんだグダグダしてたら午後になってしまった。。

駐車場でKAZさんに会った。

雪はいい感じの様子。
1回券を購入して一服して待ってたら・・・まさかの強風運休(涙)

動くかどうかもわからないロープウェイを待つのは嫌。
荷物が重いので少しでも楽したかったけど、そううまくはいかない。。
諦めて歩くことに・・・


重い荷物が肩にくいこんで、のろのろペース。
ときおり青空が見えて元気になる。
110429_1.jpg

静寂の森・・・
110429_2.jpg

日が暮れる前にテント設営したい。
でも景色が綺麗で写真も撮りたい(笑)
110429_3.jpg

風は好きじゃないけど、この風が作り出す模様は芸術的だと思う。
110429_4.jpg

暮れゆく空・・・
旭川の街が赤く光ってる。
110429_5.jpg


このあと、すぐに真っ白の世界に・・・。
夜に何度か外を見たけど、期待していた星空は・・・
これっぽっちも見れなかった。。


結構暖かいのかな・・・なんて思っていたら、
この夜はかなり冷え込んで、寒さで何度か目が覚める。

やはり風は嫌いだ(苦笑)


明日は晴れますようにと祈って眠りについたzzz


2011.04.10 富良野岳_2
<location> 富良野岳
<Distance> BDN(9:00) → 3本 → BDN(15:30)
<Weather> 天気/晴れ
         風速/1-3m
         気温/3℃(9:00)
         雪質/サンクラスト
<Member> OGW、TAK、UEM、nabe(ski)
<Action time> 6時間30分



札幌から久しぶりのUEMも参加。


2日連続の快晴。
110410_1.jpg

今日も暑くてハイク中は汗だく。。
110410_2.jpg

飛行機雲に癒される。
110410_3.jpg

約2時間でベベルイTOPへ。
これはやばいでしょ・・・この景色見ながらご飯3杯いけそう。
110410_4.jpg

3匹の偵察犬・・・
いろんな斜面を物色中(笑)
110410_5.jpg

1本目のドロップPから・・・
クマゲラシュート・・・行けそうだけど先が細すぎ(苦笑)
110410_7.jpg

1本目の斜面・・・
かなりいい感じ。このあたりから撮影したい。
110410_6.jpg

2本目の準備中・・・
110410_8.jpg

2本目のラインを振り返る・・・
ここの雪はかなり手強かった。。
110410_9.jpg

トラバースしながら移動して・・・
3本目。もうコテコテ(笑)
110410_10.jpg




rider : OGW

110410_OGW_1.jpg

        110410_OGW_2.jpg


rider : TAK

110410_TAK_1.jpg

        110410_TAK_2.jpg


rider : UEM

110410_UEM_1.jpg

        110410_UEM_2.jpg





帰り道・・・
雪崩跡で折れ曲がったストックとサングラスと工事用スコップを発見。
人が埋まってたら嫌だなと4人でビーコン・プローブ捜索。
結局人は見つからず・・・
バーデンの従業員に聞くと、先日凌雲閣の方が水を取りに行って雪崩に遭ったとのこと。
幸い軽症で済んだようなので安心した。


山と天気と仲間に感謝の1日。

新規開拓万歳。


2011.04.09 三段山_7
<location> 三段山
<Distance> 凌雲閣(14:30) → SDY1,748m(15:50-16:10) → 凌雲閣(16:30)
<Weather> 天気/晴れ
         風速/3-5m(ピーク)
         気温/5℃(14:30)
         雪質/サンクラスト
<Member> solo(ski)
<Action time> 2時間


AM仕事・・・
帰り道、あまりに天気が良かったので。

家に戻りすぐに準備して出発。

時間がないときはここ・・・SDY崖尾根コース
110409_1.jpg

暑くて大粒の汗をかきながら、1時間20分でピーク。
ちょっと風は冷たいけど、ここからの絶景はやっぱりしびれる。
110409_4.jpg

110409_5.jpg


夕焼けに染まるまでいたかったけど、あと2時間はとても待てない(笑)


安政火口に降りようか、散々迷って、雪の堅さに諦めた(苦笑)
110409_2.jpg

110409_3.jpg


堅いなりに楽しく滑れた。
110409_6.jpg

どうもラインが直線的・・・
110409_7.jpg



雪質なんてどうでもいい

こんな天気に山にいられるだけで幸せ


山と天気と景色に感謝。


2011.04.09 至福のとき
先日のひとコマ・・・

胸以上もある雪をかきわけ、一歩前へ踏み出すたびに息を整える。

手足を使ってなんとか登り切れる状況・・・

でも自分とOMTさんはそんなのが嬉しくてたまらない(苦笑)

登り切った後のOMTさんの笑顔は忘れられない(笑)


たぶん、傍から見たらただの変態集団だろうけど。。


  photo_171.jpg


この週末は天気が良いみたい。

よい週末を。


2011.04.03 旭岳_5
<location> 旭岳
<Distance> (9:00) → 5本 → (17:00)
<Weather> 天気/雪ときどき曇り
         風速/5-10m
         気温/-6℃
         雪質/奇跡の粉雪
<Member> OGW、OMT、SHG、KAZ、nabe(ski)
<Action time> 8時間


ここしかないでしょって感じで。

4月でこの雪。
大満足の5本・・・雪と戯れた。

途中でお会いして一緒に滑ることになったKAZさん・・・
実は昨年の6月に千春沢でお会いしている方だった(驚)
テレマークは上手いし板はバターナイフで太いし・・・出会いに感謝。

今日は写真やたらと多い(苦笑)


110403_1.jpg

110403_2.jpg

110403_3.jpg




rider : OGW
110403_OGW_1.jpg

110403_OGW_2.jpg

110403_OGW_3.jpg

110403_OGW_4.jpg

110403_OGW_6.jpg

110403_OGW_7.jpg

110403_OGW_5.jpg




rider : OMT
110403_OMT_1.jpg

110403_OMT_2.jpg

110403_OMT_3.jpg

110403_OMT_5.jpg

110403_OMT_4.jpg

110403_OMT_6.jpg

110403_OMT_7.jpg




rider : SHG
110403_SHG_2.jpg

110403_SHG_4.jpg

110403_SHG_5.jpg

110403_SHG_8.jpg

110403_SHG_6.jpg

110403_SHG_10.jpg

110403_SHG_9.jpg




rider : KAZ
110403_TNK_1.jpg

110403_TNK_2.jpg

110403_TNK_3.jpg

110403_TNK_4.jpg

110403_TNK_5.jpg

110403_TNK_6.jpg

        110403_TNK_7.jpg




110403_4.jpg


山と天気と雪と仲間と出会いに感謝の1日。