2013.11.16 trekking'13
trekking '13 シーズン総括


130630 富良野岳(沢)
130706-7(富良野岳~旭岳 1泊2日)
130714 緑岳~白雲岳
130715 電気の沢(沢)
130727-28(銀泉台~白雲岳 1泊2日)
130804 アバレ沢(沢)
130811 伏見岳(沢)
130817 黒岳
130907 十勝岳
130907 アバレ沢(沢)
130909-11(クワウンナイ川 2泊3日)
130930 忠別川(沢)
131006 オロウエン川(沢)
131020 十勝岳


4月末の滑落事故で怪我した左膝が思うように回復せず、
今年楽しみにしていたトレランの大会参加も全て諦め、
足に負担のかからない!?沢登り中心の夏山シーズンでした。

6月と9月に写真展を開催したのでそちらも少し忙しく、
あとは天気悪い日には無理をしないで里で過ごしていたので
山に行く回数が少なかった要因かなと。


今年の思い出深い山行は、
クワウンナイ川遡行ももちろんなのですが、
やはり富良野岳から旭岳までの24時間チャレンジかなと。
来年、リベンジしたいと思います。


一緒に登ってくださった皆さん、山でお会いした皆さん・・・
本当にありがとうございましたm(__)m

また山で会えるのを楽しみにしています。




ちなみに滑落して病院受診したときのひとコマ(写真出てきた)
下山時に救助・搬送していただき、
本当にありがとうございましたm(__)m
皆さんがいなかったら下山できなかったと思います。
いまだからUPできる写真ですね(反省)
130427.jpg


スポンサーサイト
2013.10.21 wonder×2
2013.10/20(SUN) Mt.Tokachidake
131020_5.jpg

夏山的には最後かな。
ワンダーな景色とワンダーな瞬間


2013.09.14 Recently
2013.9.7(SAT)
mt.tokachi
130907_1.jpg

2013.9.7(SAT)
abare-gawa
        130907_27.jpg

2013.9/9-11
kuwaunnai-gawa
        130909_3.jpg

        130909_6.jpg

130909_4.jpg



2013.08.18 ゆる山部
2013.8.17(SAT)

職場の山部(勝手に)6名で。
初登山の人もいたりでゆっくりのんびり。

雨予報だったがそんなに濡れず、
シマジロウにもナキジロウ会えた(勝手に命名)
みんなの日頃のおこないかな。

ありがとうございます。


しまじろうは撮られ慣れしてるなぁ。
130817_32.jpg

足フェチです。
130817_31.jpg

秋の気配を少し感じた
130817_33.jpg

山頂でサプライズケーキ!!
山で祝ってもらえるなんて感激。
130817_30.jpg

        シュールだなぁ(苦笑)
        130817_34.jpg



2013.8.11(SUN)

ニタナイ川北面~伏見岳



父親と2人で山に入るのは20年前のカムエク以来。
ひどい増水で八の沢でビバーク、
翌日必死の思いで下山したことを覚えている。

3年前のコイカクは2人きりではなかったが、
またしても天気悪く、2日目の朝に増水により途中撤退した。

今回はタイミングよく天気に恵まれた。


この背中をずっと追いかけてきた。
ザックは40年以上使用。修理にも出したことがないそうだ。
130811_01.jpg

沢は特に難しいところもなく気持ちよい遡行が続く。
ニタナイ川の最初の一滴。
130811_03.jpg

黒アゲハがこれでもかと・・・
130811_04.jpg

山頂からはナイスビュー。
実は初めての伏見岳。
130811_02.jpg


        130811_05.jpg


あなたの背中をみてここまで育ってきたし、
あなたの背中をみてきたからこうして山を登っているのだと思う。

歩いているときからずっと涙が溢れそうだったし、
山頂について握手を交わしたときは涙が止まらなかった。

あなたの子どもに生まれてよかった。

もう少しその背中を追いかけさせてください。


2013.08.05 静寂の沢
2013.8.4(Sun)

暑い日は沢!!
ソロだったのでのんびりと。

アバレ沢という名前とは裏腹な静寂さ…

水の流れる音と鳥の声しか聞こえない。

ここにじっと佇んでいると
自然の中にとけこんでいくような…
そんな感覚になるのです。


自然の中にいることが自然でありたい。

130804_1.jpg


山と天気に感謝


たまにはのんびりゆったりと・・・




        130727_01.jpg

ギンザンマシコ雄@赤岳コマクサ平
130727_03.jpg

撮ろうと思ったら飛び立った・・・何の鳥だろ。。
130727_04.jpg

エゾシマリス@赤岳 何かをお願い中♪
130727_05.jpg

エゾシマリス@白雲岳避難小屋付近 「キャハ」って♪
130727_06.jpg

マルハナバチ@白雲避難小屋付近  種類まではわからない。。
130727_07.jpg

130727_08.jpg

チシマツガザクラ@小泉岳
130727_09.jpg

チングルマ@赤岳
130727_10.jpg

リシリリンドウ@高根が原
130727_11.jpg


2013.07.19 デンキノサワ
2013.7.15

電気の沢

増水しててスリリングでしたが、
皆さんの迷惑にならないようにガンバリマシタ。

連れていってくれてありがとうございましたm(__)m

最高に楽しかった。





        130715_1.jpg
        
        130715_6.jpg

        130715_7.jpg

        130715_8.jpg

        130715_9.jpg

        130715_4.jpg



2013.07.19 Green&White
2013.7.14

実は高原温泉からの緑岳夏道は初めて。
人の多さにビックリした。

膝もだましだましで白雲まで足をのばす。

なんだかんだと結構な距離を歩いたけど、
このあたりは気持ちの良いところなので気にならなかった。

OYDちゃんにも会えてよかったよかった。

山と天気と仲間に感謝。



        130714_1.jpg

130714_5.jpg

130714_2.jpg

        130714_4.jpg

130714_3.jpg



2013.07.10 no limit
「富良野岳~旭岳」

00:45 凌雲閣 → 02:00 富良野岳 02:10 → 03:45 十勝岳 4:00 →
06:10 オプタテシケ 6:30 → 11:30 三川台 → 12:40 南沼 13:00 →
15:00 化雲岳 → 16:00 五色岳 → 17:30 忠別岳 → 18:30 高根が原 →
20:30 白雲岳避難小屋 → 22:20 白雲岳下の北海平にてビバーク

06:00 start → 07:00 北海岳 → 09:30 旭岳 09:40 → 13:30 旭岳登山口到着


前からやってみたいなぁとは思っていた。
不安材料は天気と新月と雪渓の多さ・・・
でも日の長いこの時期にやりたい。

金曜日、仕事が終わってから準備してまずはすぐに仮眠。
22:30に起きて出発。凌雲閣に0:30に到着。

0:45緊張の中スタート。
月明かりなし、ガスが濃くて真っ暗すぎ・・・
普段つけない熊鈴を鳴らしながらとりあえず快調に飛ばす。
美瑛富士避難小屋に向かう道で草露が一気に靴の中に入ってきて
これが後々影響を及ぼすことになる。

オプまでは順調。
この先は戻れないので覚悟がいる。
双子池キャンプ地は雪渓の下だった。
熊糞跡多数、足跡何か所か…
ガスってるのと途中から雨も降り出し、
雨宿りを何度かしながら三川台へ。
南沼には12:40に着いた。
整備している方々に挨拶すると「変態だ」と言われる。

この時点で左膝にかなりの違和感。
ロックガーデンではさすがに疲れてきたのか目がかすむ。。
化雲まで結構時間かかり、天人峡へのエスケープも考えたけど、
とりあえずゆっくりでもいいから進むことにした。
常に風が強く常にガスの中で、それぞれピークに着いても感動なし。
何とか明るいうちに高根が原にでたかった。
高根が原を通過中は暗いのと疲れで何度か幻覚をみる。
草がどうみても動物に見える。。

左足を引きずるように白雲小屋についたのが20:30・・・
4張くらいのテントがあったけど寝静まっている。
ここからの雪渓が不明瞭で、ガスもかかっているしで、
分岐までがわからない。
滑落に気をつけながら何とか分岐を発見。

北海岳へ向かう雪渓を越えたあたりで足も限界に近づき
くぼ地になった草むらに倒れこんだ。
風除けにはなる。
エマージェンシーシートを体に巻きつけて横になってそのまま寝た。
傍から見たらただの遭難者と思われるかもしれない。
濡れたままの靴の中が不快で、何か嫌な感じがしたので脱げなかった。
何度か寒さで目が覚めた。ザックを抱いて少しでも体温を逃がさないようにした。

朝、目覚めて生きていることを実感した。
危ないとは感じなかったけど、まぁ一応生きてて良かった。
足は相変わらず痛みがひどい。

旭岳ピークでようやく何人かにあってホッとする。
そこからの下りはゆっくりゆっくり下りるしかなかった。

体力的には問題ないけど足の痛みがひどい。
ロープウェイに乗りたいと思ったけどお金持ってきてなかった。。

ということで、姿見からも2時間以上かかって13:30に登山口に下山。
出発してから36時間45分だった。

1日目 22時間20分
2日目 7時間30分

何か最後は泣きそうだったな。

総歩行距離約70km、累積標高約5,000m
今回はアミノ酸やクエン酸系の液体食品を多く持参した。
おかげで1度も足はつらなかった。
体力的にも特にきつくなく、とにかく膝と足の裏の痛みがひどかった。


目標は達成できなかったけど、
完走できた自分を久しぶりにほめてあげたいと思う。



次回はゆっくり景色や空気を楽しみながら登りたい…