2016.01.11 2015夏山
2015 夏山のまとめ
ハイライトで。


【剣山】
5回くらいトレランでいったけどなかなか1時間を切るのは難しい。。
いつか勇者になれたらあの剣を抜けるだろうか・・・。
160110_1.jpg



【ニセイカウシュッペ】
大切な友人が旦那さんの転勤で山形に引っ越すというので記念登山。晴れてよかった。
160110_2.jpg



【アポイ岳】
冬山を一緒に登るメンバーと夏山に登るのは不思議な感じ。アポイ岳は何十年ぶりだっただろうか。
仲間のリハビリ登山だったけど、天気も良く楽しかった。
160110_3.jpg



【白水沢(黒岳)】
下界は豪雨にて大雨洪水警報。普段簡単だろうと思われる渡渉がかなり危険だった。
源頭は天国のように穏やかだった。
160110_4.jpg



【カタルップ沢~エサオマン入の沢~エサオマントッタベツ沢(神威岳~エサオマントッタベツ岳)】
1泊沢旅。2泊の予定だったけど天候悪化にて無理やり下山。
北カールはオヤジの棲家だった。日高は懐が深い。
160110_5.jpg



【天幕沢(愛別岳~比布岳~北鎮岳~黒岳)】
どん詰まりの40m大滝の巻きが核心。それ以外は全く問題ない。
アンカーとれずにぼろぼろの土壁をだましだまし、ひとつのミスも許されないヒリヒリした1時間の登りだった。
160110_6.jpg



【滝沢(恵庭岳)】
訓練に使われているらしい沢(水流はないけど)。1人ではなかなかヒリヒリする部分もあったけど、
できるだけ直登を心がけた。恵庭岳のピークは何年ぶりだろう。支笏湖が綺麗だった。
160110_7.jpg



【二の沢(斜里岳)】
何箇所か微妙なところはあるけど、慎重にいけば問題なく快適な沢だった。
帰りに寄った「竜神の池」が最高に綺麗だった。
晴れた斜里岳のピークは小学生以来(笑)
160110_8.jpg



【コイボクシュメナシュンベツ川直登沢(楽古岳)】
もう沢じゃなかった(笑)
最初はまだよかったけど、だんだんと滝が凍っててツルツル危険。。
ルートミスで超ヒリヒリの登りもあり、例のドラム缶も凍っていた(笑)
160110_9.jpg



職業が変わって時間の使い方がイマイチつかめず、
山に登るのもなかなかできなかった1年。
でも、自分のレベルに合った山登りや沢登りができた年でもあった。
もっと限界を押し上げたいところだけど、2016年は厄年らしいので、
ボチボチと安全第一で楽しみたいと思う。



スポンサーサイト
2015.10.26

コイボクシュメナシュンベツ川直登沢~楽古岳
「!*」

もう沢じゃなかった(笑)
最初はまだよかったけど、だんだんと滝が凍っててツルツル危険。。


天気は最高。
151026_10.jpg


ここは右なんだけど、なぜか左の滝を登り始める(笑)
途中からトラバースしたんだけど、落ちるかと思うヒリヒリの登りだった。
151026_11.jpg



例のドラム缶もツルツル。。
151026_12.jpg


ピークからの眺望はめずらしくよかった。
寒いのでサクッと写真撮ってさっさと下山。
151026_13.jpg



程よい距離。
たぶん水量あっても簡単だろうけど、
初級向けにはいいかもしれない。


林道が切れるあたりまでの川の雰囲気がすごくよかった。
ここに宿を構えて狩猟したいなぁと思った。
鹿はいるんだろうか。


山と天気と景色に感謝。


2015.10.22

斜里岳
一の沢川二の沢「!*」


もう寒いけど。。

下二股までは夏道。
二股から二の沢へ入渓。
151003_30.jpg


快適な登り。
151003_31.jpg


1か所微妙なのがあったけど問題なく通過。

最後は長い滑が続く。
151003_32.jpg


一の沢川二の沢の最初の一滴。
151003_33.jpg


頂上手前、玉石の沢コースに出る。
藪こぎはほとんどなかった…と思う。あまり覚えてない(笑)
151003_34.jpg


斜里岳は6年ぶり。
ピークからの景色は…30年ぶり。
小学生以来(笑)
151003_35.jpg



帰りはのんびり。
初めて寄ってみた「龍神の池」は神秘的だった。
151003_36.jpg


この沢は快適で藪こぎもほとんどないので初心者にはいいかも。
天気に恵まれてラッキー。


山と天気に感謝。


2015.09.22 滝沢
2015.9.22

滝沢

噂には聞いていたけど行ったことなかったのでソロで様子見に。

F1は高さがあって確保なしのフリーではリスク高すぎるので捲き。
F2は行けそうだけど無理せず捲き、
F3~5はよくわからないうちに通過。
F6はチョックストーンの滝で抜けがいやらしいけど問題なし。
F7はクラック沿いに直登。
F8は捲き。
F9は打たれたボルトとハーケンで自己確保しながら何とか抜ける。
F10は捲く。
F11はほとんどガレのようなところを慎重に抜ける。


F1。いたるところにボルトがうたれている。
いろいろラインがあるようなので面白そう。駐車場からもすぐ。
150922_30.jpg


F6。最上部の抜けだけ。
150922_31.jpg


F7。右側のクラック沿いに登る。上にはハーケン2枚打たれている。
150922_32.jpg


F8。登れそうだけど無理せず右岸捲き。
150922_33.jpg


F9を越えたあたり。
雪崩に巻き込まれたか。
振りかえった支笏湖ブルーがきれいだった。
150922_34.jpg


F11。1番高度の低い場所を選んで、ガレのようなところを慎重に抜ける。
150922_35.jpg


オコタンブルー。
150922_36.jpg


20年ぶりのピークからの眺めは絶景。
支笏湖がほんとに蒼かった。
150922_37.jpg


何かのついでとか、トレーニングにはいいんじゃないかな。


とりあえずあまり来る機会はないけど、
山と天気に感謝。


2015.09.17 天幕沢
2015.9.17

天幕沢
愛別岳~比布岳~北鎮岳~黒岳

山谷では「!!*」
核心の40m大滝は何とかなるかなぁと思い込んで出発。。

チャリを層雲峡神社にデポして、国道39号の青雲橋からスタート。
林道詰めて適当に入渓して1080mの二股までは簡単な登り。
さすがに9月の朝は寒い。
1509_200.jpg


二股からの10連の滝とどんづまりの40m大滝が核心。
10連の滝はなんの問題なく通過できた。
登れそうだけど見た目よりも結構斜度がある。
1509_201.jpg


40m大滝はセオリーどおり右岸巻き。
浮石がひどく木もすぽすぽと抜けて激悪。
ソロだけに落ちたらアウトのひとつのミスも許されないかなり神経すり減る一手一足。
確保なしでは2度と登りたくない。
1509_202.jpg


大滝のあとは特に問題なく、冬に滑った愛別岳北東面を右手に見ながら快適な滑滝の連続。
1509_204.jpg


青空と紅葉に癒されながら詰めていく。
1509_203.jpg


天幕沢の最初の一滴。
いやいや、灌漑深い。
1509_205.jpg


藪漕ぎなしで愛別の稜線に抜けたのは13:30。
いつの間にか雲も湧いてきた。
1509_206.jpg


ロープウェイを使わないで下りようと思ってたけどヘッデン忘れたことに気づく。。
何とかロープウェイの最終に間に合いたいってことで、急いで比布~北鎮を抜けて16:00に黒岳石室着。
17:00にはリフトに乗れてひと安心。

天気と素晴らしい景色に感謝。
自分の限界をひとつ押し上げることができた1日だった。




2015.8.14-15

カタルップ沢~神威岳~入ノ沢~エサオマン~エサオマン沢本流

2泊3日の予定で入山。
まずはカタルップ沢から神威岳へ。
9:30入渓
150815_20.jpg


快適な滑の連続。
150815_21.jpg


たいしたアトラクションもなく、ヌルヌル滑る沢だった。
150815_22.jpg


13:30神威岳ピーク。
遠くの方から、ゴゴゴ~っていう音が近づいてきてグラグラっと揺れる。
山の上での地震は初めてだったけど揺れよりも近づいてくる音がすごかった。
150815_23.jpg


16:00 C1
co1050右岸に良さそうなところがあったので。
薪も豊富で結局焚き火の横で朝までゴロンしてた。
150815_24.jpg


KNGくんが足を痛めてしまったので、本当はポンベツ沢からエサオマンの予定だったけど、
エサオマン入ノ沢からのルートに変更とした。
150815_25.jpg


ここだけ滝があったけど、問題なく直登できた。
150815_26.jpg


エサオマン入の沢の最初の一滴。
150815_27.jpg


12:00にエサオマン北カール。
親父の姿は見なかったけど掘り返し多数。
150815_28.jpg


13:20にエサオマンピーク着。
相変わらずの眺望なし。。
150815_29.jpg


1869に登り返す手前から上部だけ30m懸垂して北東カールへ。

誰もいなくてここで泊まっちゃおうかって案もでたけど
時間も早いし釣りもしたいのでもう少し降りることに。

16:00 997二股テン場
ツエルト張ったり準備してたら雨が本降りになってきた。

3時間も歩けば車、温泉、インデアンカレー…
この3人によくある展開で下山することに。

19:00 下山完了。
150815_30.jpg



芽室の嵐山で温泉入ってインデアン。

お盆恒例の沢旅は今年も楽しかった。
2泊予定が1泊になったけど、1泊くらいがちょうどいいのかもしれないなぁ。


山と天気と仲間に感謝。



2015.08.01 白水沢
2015.8.1

白水沢~黒岳


昨日からの降雨で増水中。
この沢は初めてだけど、ソロでもここなら大丈夫かなってことで出発。
石狩川は結構増水してる。
150801_10.jpg


メロン滝!?
濁り中。
150801_11.jpg


Co1200mの温泉マークのところ。
150801_12.jpg


Co1370m滝マークの滝。
右岸から簡単に巻ける。
150801_13.jpg


ガスも晴れてきて右手に凌雲岳を見ながら快適な詰め。
150801_14.jpg


朝の増水が嘘のような、天国のような源頭。
150801_15.jpg


ここは多少増水していても問題ない沢だった。
後半は天気にも恵まれてラッキー。

山と天気と素晴らしい景色に感謝。