2016.01.11 2015夏山
2015 夏山のまとめ
ハイライトで。


【剣山】
5回くらいトレランでいったけどなかなか1時間を切るのは難しい。。
いつか勇者になれたらあの剣を抜けるだろうか・・・。
160110_1.jpg



【ニセイカウシュッペ】
大切な友人が旦那さんの転勤で山形に引っ越すというので記念登山。晴れてよかった。
160110_2.jpg



【アポイ岳】
冬山を一緒に登るメンバーと夏山に登るのは不思議な感じ。アポイ岳は何十年ぶりだっただろうか。
仲間のリハビリ登山だったけど、天気も良く楽しかった。
160110_3.jpg



【白水沢(黒岳)】
下界は豪雨にて大雨洪水警報。普段簡単だろうと思われる渡渉がかなり危険だった。
源頭は天国のように穏やかだった。
160110_4.jpg



【カタルップ沢~エサオマン入の沢~エサオマントッタベツ沢(神威岳~エサオマントッタベツ岳)】
1泊沢旅。2泊の予定だったけど天候悪化にて無理やり下山。
北カールはオヤジの棲家だった。日高は懐が深い。
160110_5.jpg



【天幕沢(愛別岳~比布岳~北鎮岳~黒岳)】
どん詰まりの40m大滝の巻きが核心。それ以外は全く問題ない。
アンカーとれずにぼろぼろの土壁をだましだまし、ひとつのミスも許されないヒリヒリした1時間の登りだった。
160110_6.jpg



【滝沢(恵庭岳)】
訓練に使われているらしい沢(水流はないけど)。1人ではなかなかヒリヒリする部分もあったけど、
できるだけ直登を心がけた。恵庭岳のピークは何年ぶりだろう。支笏湖が綺麗だった。
160110_7.jpg



【二の沢(斜里岳)】
何箇所か微妙なところはあるけど、慎重にいけば問題なく快適な沢だった。
帰りに寄った「竜神の池」が最高に綺麗だった。
晴れた斜里岳のピークは小学生以来(笑)
160110_8.jpg



【コイボクシュメナシュンベツ川直登沢(楽古岳)】
もう沢じゃなかった(笑)
最初はまだよかったけど、だんだんと滝が凍っててツルツル危険。。
ルートミスで超ヒリヒリの登りもあり、例のドラム缶も凍っていた(笑)
160110_9.jpg



職業が変わって時間の使い方がイマイチつかめず、
山に登るのもなかなかできなかった1年。
でも、自分のレベルに合った山登りや沢登りができた年でもあった。
もっと限界を押し上げたいところだけど、2016年は厄年らしいので、
ボチボチと安全第一で楽しみたいと思う。



スポンサーサイト