2016.9.17-18
クマノ沢(ヌビナイ川左股南東面直登沢)~ピリカヌプリ~ヌビナイ川右股


2016年のシーズンを締めくくる秋の沢旅。
台風被害で日高山脈の十勝側はどこの林道もかなりのダメージだったけど、
昭徳林道も車が入れるのは昭徳橋まで。

天気もイマイチの予報だけどとりあえず出発。


9月17日(土)
9:00  出発(昭徳橋)
15:00 Co655三股


長い林道歩き…枝沢で分断されているところが10箇所以上あって土石流のような跡も。。
林道終点あたりから適当に入渓し、クマノ沢へ。
しばらく河原を歩き、途中からは岩盤が白くなって癒されながらの遡行となる。

160918_2.jpg

160918_3.jpg

160918_4.jpg


Co655三股に到着し整地してC1とした。
小雨降る中、流木を集めてタープのすぐ横で焚き火。
160918_5.jpg

夜中は風があって、タープの横からの雨が超不快。。
シュラフまで濡れてしまって無理やり目を閉じて寝まくった。


9月18日(日)
5:00 Co655三股出発
12:00 ピリカヌプリピーク
14:30 Co790
22:00 林道
1:00 昭徳橋


小雨降る中スタート。テンションはかなり↓
すぐに核心の30m滝。
左岸ルンゼから大高巻き。GPSを紛失した。。
160918_6.jpg


懸垂で戻った後にすぐ50m滝。
高さはあるけどホールドはしっかりあるので慎重にいけば問題ない。
160918_7.jpg


その後も20~40m級の滝が…10個くらいあったと思う。
160918_8.jpg


どれも登り応えがあって最後は・・・飽きた。
160918_9.jpg


ヌビナイ川左股の最初の一滴。
160918_10.jpg


ピークはいつも通りの真っ白(笑)
たまには日高の山並みが見たい。。
160918_1.jpg


超寒いので写真だけ撮って速攻で下山開始。
160918_11.jpg


ヌビナイ右股の最初の一滴。
160918_12.jpg


自分が次の日の午後から仕事だったので、下りれるところまで下りることにしてもらったのだが…
ペースが上がらず…疲れも出てきて、七ツ釜はどうでもよくなった(笑)
160918_13.jpg


右股の巻きも結構悪くて、暗くなる前になんとか函を抜けることができた。
160918_14.jpg


雨は降ったり止んだりで、泊まるのも不快そうだしってことで、
真っ暗の中、河原をひたすら歩く。

22時に何とか林道にでて、そこからはもう夢遊病者のように半分寝ながらの歩きだった(笑)
身体が冷えて低体温状態だったのもあり、1時に車に戻ってきたときには倒れこむような感じだった。

朝の5時から夜中の1時まで…沢での20時間行動はちょっとやりすぎ。



帰り道の車もフラフラでちょっとしたハプニングもあったけど、何とかドンキーに到着。
胸やけがひどくて吐きそうで、300gを注文したのに半分も食べれなかった。(2日間くらい胸やけが続いた)

本当にもうどうしようもないくらい疲れて身体の傷もダメージもひどかったんだけど、
でも、信頼できる仲間と山で過ごす時間、行った人しか見ることができない景色、
やりきった人しか味わえない感覚・・・
そういうものは何物にも代え難いプライスレスなものだなと、しみじみ思うこの頃です。

山と最高の仲間に感謝。




スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://86nabex.blog23.fc2.com/tb.php/1383-9d02d07e