FC2ブログ
先日、鹿猟が解禁になった。
師匠と師匠のパートナーと3人で近場の山へ。

しばらく歩いていると茂みの影から雌鹿3頭がいきなり走り出して姿を消した。
そのあとに出てきた4歳くらいの雄鹿。
鹿笛を吹くとこちらを見て様子をうかがっている。
自分の銃では射程圏外。
師匠のライフルで一撃だった。

森にこだまするドーンという銃声。
色付いた木々の葉っぱがゆらゆらと落ちる光景。

解体して3人で分担してザックに肉を入れる。
帰り道、ずっしりと肩にかかる重みが、命の重みなのだろうなと…
なんとなくそんなことを思いながら帰ってきた。

今年の冬は肉を買わずに過ごせるだろうか。
次こそは自分で撃ってみたいと思う。



161022_1.jpg


山と天気と自然の恵みに感謝の1日。


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://86nabex.blog23.fc2.com/tb.php/1386-ba9c9169