2017.03.19 天塩岳
2017.3.12
天塩岳

なぜかいままで全然興味がそそられなくて夏も冬も訪れたことがなかった初めての山。
DeepNorthメンバーと正月以来に滑れるチャンスができたので、急きょ参戦することになった。


朝の大雪湖あたりの気温はマイナス20℃で久しぶりに冷え込んでいた。
170312_15.jpg


8時に駐車場集合だったけど初めての山なので探検してみたい気持ちもあり…
ずいぶんと早く着いてしまったと言いながら確信犯的な行動で、
朝6時半に浮島トンネルのP帯を1人で出発。
裏かどこかを滑ってどこかで合流しようという考え。

林道入り口でRちゃん、Cちゃん、Sくん、Sくんたちパーティーに出会う。
久々の再会で嬉しかった。

林道には先行者のトレースがあり1時間ほどで平坦歩きが終わる。
そのあと、右の尾根に上がる夏道沿いにトレースがついていて、
Rちゃんたちパーティーはそちらから、自分は天邪鬼なので左尾根を選択。

ここからは単独になるのでラッセル覚悟ではあった。
標高差400mの急登激膝ラッセルが堪えた。



目の前に見える大斜面に胸が高鳴る。
170312_16.jpg


まぁ実は先にピークに行ってメイン斜面をファーストでというのが狙い。
同じトレースを辿っても先についてファーストで行くのはちょっと気が引けてしまうので
全く違うルートで先にピークについてしまおうという魂胆なのだった。


尾根に乗っかるとピークからの東に延びる尾根も景色が素晴らしい。
170312_17.jpg


左を向けば大雪山系の美しい景色に癒される。
170312_18.jpg


ラッセルに思いのほか脚力を奪われたけど4時間半でピークへ。
夏道尾根を登っていたRちゃんたちパーティーよりほんのちょっとだけ早く着くことができたので
先に滑らせていただくことに。
こっそりとがんばった甲斐があった(笑)


標高差550m以上の一筆書き。
この1本のために、日々走ったり、筋トレしたり、イメトレしたり、
ダイエットしたり(笑)してるんだなぁと思える納得の滑りができた。
きっと自分にとって忘れられない1本になると思う。
ちょうどメンバーが尾根にあがったところで、
KGMさんがラインを撮影してくれていた。ありがとうございまっす!!
170312_22.jpg



自分はそのあと登り返して雪の保たれた北斜面を滑り、みんなはメイン斜面へ。
ボトムで集合となった。
数年ぶりのSHGさんもいて嬉しくなる。おかえりなさい!!
クライミングジムではいつも一緒だったNMRさんも山では初めましての再会(笑)
去年の夏以来のINBさんやいつものOGWさんとMROくんも。

Mさん・Kさんたちパーティーにも遭遇。
下界では何回も会ってるけど2人にも山で会うのは初めて(笑)


にぎやかに登り返してにぎやかに滑った。
スマホでの撮影だけど…

rider:SZK
170312_19.jpg


rider:KGM
170312_20.jpg


今回1番のショックは、カメラを持っていったのにカードが入ってなかったこと。。
望遠レンズまで持って気合い入れてたのに、すっかり落ち込んで滑り手モードになってしまった。

あまり人の少ないと言われるこの山でずいぶん山仲間にたくさん出会う楽しい1日となった。
あっ、Mさん、命の水をありがとう。



1人の山ももちろんいいけど、仲間と滑る山はそれ以上に楽しい。
仕事の都合であまりみんなと一緒に滑る機会は少なくなったけど、
こうして一緒に過ごせる時間は何ものにも代えがたい貴重な時間だと思う。


山と雪と、そして最高の仲間に感謝。



スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://86nabex.blog23.fc2.com/tb.php/1414-622c012e