FC2ブログ
2017.08.20 赤岳沢
2017.8/19-20
赤岳沢(雄滝の沢)~赤岳~銀泉台


いつも適当な内容だけど今回は写真を多めにしてみた。
内容はかなり端折るので適当さは変わらないけど写真だけで伝わるものもあるかなと(笑)


まーさんと今年初沢。
どこか泊まりで行こうとなり、赤岳沢に決まった。

今年はKNGくんがいないので寂しい。
2人にしてはめずらしく快晴の天気に、雨男はKNGくんなんじゃないかと確信した。

銀泉台に車をデポして、観光客であふれる流星の滝の駐車場から8時半にスタート。
向かって左が銀河の滝、左が流星の滝。→滝見えないけど(笑)
170819_18.jpg


日本語がほとんど聞かれない観光客の熱い視線を浴びながら石狩川を渡渉。
川底はすんごいヌルヌル。初っ端からドボンしたくないのでで1歩ずつ慎重に。
170819_19.jpg


銀河の滝と流星の滝の間の樹林帯を登っていく。
踏み跡がしっかりついていたが途中から適当に。
流星の滝の落ち口に向かってストレートに。懸垂2回で沢に下りる。
170819_20.jpg


赤と緑の柱状節理の美しいゴルジュの始まり。
どれもつるつるで岩も大きいけど難しくはなく、
キンキンの水ですぐに手の感覚がなくなるほうがつらかった。
170819_21.jpg


ゴルジュを過ぎると何にもない部分が結構長くてかったるい。
本流は鉄分多くて美味しくないけど、左岸からは伏流水。こっちは激ウマだった。
170819_22.jpg


13時には三股についたので、迷わず先へ進む。
雪渓は問題になるような感じではなくラッキー。
170819_23.jpg


30m大滝は側壁はボロボロのスラブ。
どちらからもいけそうだけど、左岸水流の際が1番簡単そう。
170819_24.jpg


まーさん強い。安定の登りで難なくクリア。
2段目は他の記録ではロープ出してるけど、
水流の中はホールド豊富でノーロープ。
170819_25.jpg


ハングの滝も左岸から試みるが最後のマントル乗越がムズイ。
無理せずさらに左岸から高巻く。
170819_27.jpg


核心終了で穏やかな渓相となる。
この時点で16時半。
このまま進むか泊まるかで、もうちょっともうちょっとといつもの悪い癖(笑)
流木豊富な場所があったので、疲れてるし、
いつものヘッデン下山はやめようってことで、めずらしく泊まることに(笑)
170819_28.jpg


焚き火はなかなか着きが悪かったけど、ついてしまえばこっちのもの。
ほんの少しの梅酒でほろ酔いに。
170819_29.jpg


いつものように焚き火の横にゴロン。
寒くなっては目が覚めて薪をくべていた。
夜のプラネタリウムもきれいだったけど、朝の雲海もすばらしかった。
170819_30.jpg


核心は越えていたので朝はのんびり7時に出発。
こんなにゆっくりしたの初めてかも。


すぐに現れる門構えのような滝。
直登はちょっと厳しいので左岸から巻き。
手も足もボロボロで気持ち悪かった。
170819_31.jpg


気持ち良い天気と穏やかな源頭の雰囲気に癒される。
170819_32.jpg


この先は万年雪渓のため、赤岳沢の最初の一滴。
170819_33.jpg


透き通る青空の中、左前方の赤岳まで。
170819_34.jpg


雪渓を終えるとまさに神々の遊ぶ庭。
右手は烏帽子岳。
170819_35.jpg


登り終えるとほぼダイレクトに赤岳ピークに。
ピークでは偶然N森さんS藤さんたちパーティーに嬉しい遭遇!
全身汚くてかなり場違いだけどとりあえず証拠写真(笑)
170819_36.jpg


銀泉台まではものすごい人とすれ違いながら11時には下山した。
泊まりの場合、2日目のお昼までに下山すると身体を休められていい。


2日間とも晴れてくれて、久しぶりに快適な夜も過ごせて満足の山旅となった。
赤岳沢はほどよく難しく、気の知れた仲間と過ごす山での時間はやはり楽しい。


山と天気と仲間に感謝。


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://86nabex.blog23.fc2.com/tb.php/1428-2a49f161